もっと遠くに

作り手のマインドが製品に表れる。

製品をみれば、どういう想いでこれが生み出されたのかを「感じる」ことができる。

metaphorだ。

小さいヘッド。「昔みたいだね」と片付けるのは簡単。「難しそうだ」と打たないうちから白旗を揚げるのも自由だ。

しかし、今、なぜ。

こうした道具を私費でゼロから作る人がいるのか。そこに興味を持たなければならない。気づかなければならない。

ティーショットで使う道具に刻まれた、小さな文字。

この一打は、なんのためにあるのか。戒めのように小さく刻まれている。

目の前の一打、その飛んだわずかな距離ではなく。どうせなら、もっと遠くへ想いを、発想を飛ばしたい。

一打、二打とつないで行ったその先にあるゴールのことを、常に想い、見つめて、歩くのがゴルフの面白さ。

 

この記事を書いた人

アバター

CLUBER

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人
記述は2018年現在