そろそろ決めます、始めます。

いい球が打てるモノを探す。

ボールがカップに向かうパターを探し続ける。

そのために、いろいろなモデルを打ってみる。

悪くないことだと思います。

 

しかし、個人的には そろそろ と思い始めています。

だいぶ、さまざまな道具を試打してきましたので。

自分に合うヤツがわかってきたような気がするのです。

そこで、自分の中でパターはコレ!と決めてみました。

ソールにMADE IN SCOTLANDと刻印があっただけの無名パターです。それ以外の刻印は若気の至りで、自分でハンドスタンプしたものです(汗)

 

いろいろ持ってるのに、結局コレ?って感じですが、コレが一番感覚的に合うということになりました。有名パター、名器と言われるパター、高いパター、、、いろいろ試してきたのですが、結局、コレになりました。

道具を決めると不思議なもので、練習が楽しくなってきます。

フェースの様々なところで打ってみたりして、タッチと方向性が合う場所を探したりします。

すると、こんな先っぽで打った時が一番距離感が合うということに気づきました。

あと、ほんの少し短く握るだけでも転がりが違うことにも気づきました。

 

こうすれば、こうなる。

道具を決めたからこそ出てきたアクションであり、気づきだと思います。

同じ振り、同じ打点、同じ感覚で何球か打ち、モデルを変えながら、あっちがいい、こっちがいいとやっているのが試打。これは練習ではありません。

練習は、決めた道具でよりよい結果が出るようにするためのものですよね。

コレ!と決めたパターでも、もちろん、毎回、うまくいくわけではないんです。

ミスパットも多いですが、その傾向がわかることで、ではこうしたら?あーしたら?と 次々と試したいことが出てくる。気がつくと小一時間もパッティングをしていたりするんですね!

自分に合う傾向を探るためにも、多くのモデルを先入観なく試す時期というのはとても大切だと思いますが、ある程度、自分の好みや結果がわかってきたなら、どこかで道具探しのアンテナを下ろし、この1本!を決めてみてもいいのではないでしょうか?

同じ道具を長く使う。使い熟す。

たぶん、私はこれまで普通のゴルファーよりも多くの時間とお小遣いを「試打」に捧げてきたのです。そろそろ「本番」としなければいけません。とりあえずパターは、このグリーンアイアンで決まりました。パットが全然入らなかった日も、どうすればいいのか、コイツをひたすらに打って解決策を考えようと思います。

今は(汗)

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

cluber

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人