家の中でできる練習

21.4世紀ゴルフ (68) 

家の中でも狭いスペースで上達できる、21.4世紀ゴルフのアプローチショット練習の提案です。

それは、「キャリーで1mを打つ」です。

これが上手くできるようになると、ザックリ、トップなど大きなミスがなくなり、距離感もつかめるようになりますので、アプローチが激的に上達します。

【練習の準備】

小さく細長い卓球台をつくるイメージです。

場所は、パターマット、カーペットの上でもOKです。(最終的にボールをフローリングの上に置いて出来ると最高です)

【方法】

①ボールの位置から1m先に目印を付けます。何かを置いても、線を引いても何でもOKです。※目印の先にクッションなどを置いてボールが遠くに転がっていかないようにしておきましょう。

②ボールから30cmのところに、ティシューの箱を普通に置きます。(慣れてきたら側面を下にしてクリアする高さを上げるのもアリ)

③使用クラブは、バッグの中にある最もロフトの多いクラブです。サンドウェッジがお薦めです。

クラブフェースは、スクエアに構えてください。

これで準備完了しましたので、実際にやってみましょう。

【やり方】

中間に置いたティシュー箱のようなモノを越して、1m先の目印に落とすだけです。

ボールが箱に当たったり、1mの目印をオーバーしてしまうとアウトです(笑)

ゲーム感覚で楽しみながらやってみていただければと思います。

お試しを。

どうしてこれをやるといいのか?どうやったら上手くできるのか?

詳細は、以前の記事「寄せる・入れるコントロールショットスイング」を参照ください。

この記事を書いた人

伍井 佳介

伍井 佳介

Cultivator/KEISUKE GOI
おそらく、日本で一番練習しないプロゴルファー。練習しないで上手くプレーする方法を日夜考えています。広告代理店、クラブメーカー、シャフト・グリップメーカー、プロゴルファー、クラブフィッテイングを経て、21.4世紀ゴルフ レッスンを開始。アマチュアゴルファーの方々に、ゴルフを少しでも長く・楽しくプレーして欲しい思いから「21.4世紀ゴルフ」を提案してます。

1956年東京・池袋生まれ 
立教大学 経済学部 卒
公益社団法人日本プロゴルフ協会 トーナメントプレーヤー会員