ねがい

「ひとつの道具に使い慣れる」ということ自体が奇跡に近い。そんなふうに思うことがある。変わった道具を使っていれば、“なぜ?”と聞かれ、“そんなの使ってると○○になるよ”と親切にアドバイスをくれる人もたくさんいる。

自分自身でも、結果が出ないと「やっぱりみんなの言う通りかな」と思ってしまったりする。“新車”に乗り換えたら、もっと簡単に安全に速く走れるんじゃないか? そう思うのだ。

“一生使うから”、“もうこれで終了“と自分に言い聞かせるようにしてまで買ったものなのに、意外に早く、それは「疑いの対象」に変わる。気がつけば、他の道具がまた欲しくなっているのである。

そういえば、みんなもやめておけと言ってたしな。

道具を使い続けることは、とても難しい。大半の人は、使い慣れたからこそ発揮される、その道具本来の良さを知ることなく、次の道具に手を伸ばしていく。それは普通のこと。悪いことではない。

ひとつの道具を使い続けるのにも才能が必要だ。簡単じゃない。だから、私はそういう人に憧れ、そうなりたいと願うのだ。

この記事を書いた人

アバター

CLUBER

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人
記述は2018年現在