若葉の頃。

若い頃、「好みのタイプは、PROTOTYPE」と真顔でいうほど、一般には流通していない試作品やプロ支給モデルに興味があった。

プロが使っているモデルは市販品より優れているモノのような気がしていたからだ。

枯れ葉混じりの今は、まったく興味がわかない(笑)

プロだけに渡されるモデルは、私レベルには難しい感じだったからだ。

ドライバーは、たいていちゃんと上がらなかった。スピンも少なくてドロップボールみたいになった。男子プロがこぞって使っているようなモデルは、だいたいそんな感じだった。

このフェアウェイウッドは、とてもよかったけれど(笑)

PROTOTYPE、プロ支給というワードにゾクゾクした、あの頃。

金欠でラウンドに行けなくなっても、

欲しいクラブはとにかく買った、若葉の頃だ。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

cluber

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人