過不足ないもの

世の中には素晴らしい道具が溢れている。もっと簡単で、もっと飛ぶ道具もあるよ、と声をかけられることもある。なんで今時そんなみすぼらしいものを、と声をかけられることも少なくない。でも、これで十分なのだ、と心底思えるようになっている。

ワンストロークを軽視しているわけでもないし、飛ばせる道具が嫌いなわけでもない。それ相応にあれこれ試した結果、いま自分がしたいゴルフには、これが過不足なく丁度良い、という答えが出ただけのこと。ここに写っていない魔法のドライバーとあわせて規定上限本数のちょうど半分だ。一緒に散歩する友達とのコミュニケーションも、美しい景観を愉しむことも、美味しい空気を満喫することも、すべてゴルフのうちだと思ったら、こういうところに落ち着いた。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー