一流を長持ちさせる道具。

ウッズの実使用アイアン。撮影/クラバー @The OVEN

道具の在り方を変えずに。自分をそこに引き上げることで。

チカラを取り戻す。そういう風に見える。

道具を老いた自分に合わせてしまっては、取り戻すことができないチカラだ。

道具の在り方は変わっていない。彼がそこに。努力を重ねて戻ってきたのだ。

現状を確認できる道具が、一流を長持ちさせる。

衰えに気づかせる道具だけが、取り戻すチカラを与える。

一流の道具とは、そういうものだろう。

そして何より、

補う道具を求めず、自らを高める選択をする者こそが別格なのだ。

そんな風に思った、ハナミズキの季節だ。

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

CLUBER

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人