ノンストライプは最上級の証。

硬く締まり、スピンコントロールを要求する芝目を感じさせない最上級のグリーン。ボールを受け止めたときの〝パン〟と乾いた音、ボールマークの付き難さもだが、ノンプレーでもわかることがある。
それはノンストライプ。芝刈りやローラー転圧でついてしまうストライプが目立たないほど人工的な芝目も少ない。オーガスタのグリーンを見ればそれがわかるだろう。

だがそれは生半可な努力や技術で整うものでないし、それ相当の準備期間が必要だ。健全な芝生を育てることが出来る断面構造と砂質もだし、芝生の成長に合わせた定期的な目砂散布も重要になる。グリーンモアの刈高を低く設定することは誰にでも出来ることだけど、その設定で地面を齧り取ることなく操作することは難易度が高く、それ以前に芝生の生え際の硬さ管理と平滑性が必須になる。
柔らかいプカプカしたメンテナンスのグリーンではこのセットアップは叶わない。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー