飛距離を伸ばしたい方へ。

21.4世紀ゴルフ⑬
「最近、年のせいか飛ばなくなった。もっともっと飛ばしたい!」という方も多いと思います。私自身も年々飛距離が落ちてきています。そこで今日は、私が行っている飛距離を伸ばす・取り戻す練習をご紹介します。

↓いきなり核心です↓

一言でいうと、「リキんで、思いっきり振る」習慣をつけることです。

「なんだ!そんなことか!」と思われる方も多いでしょうね(笑)

そうは言っても、アマチュアのほとんどの方は「80%の力で打った方が飛ぶ」、「リキまず力を抜いて打たないと……」と思い込んでいるように感じます。そうしないと芯に当たらない!曲がる!と怖がっているように見えますね。

自分自身の力を100%出していない、リキんでいないのですから飛ぶはずがありません。

飛ばないのではなく、飛ばしていないのではないですか?

もっと飛ばせるはずなのに。本当にもったいないと思います。

 

↓本題に戻ります↓

飛距離を伸ばすために、練習場や素振りで、リキんで、思いっきり振ってみてください。

思いっきり振る自分の100%

ではないですよ。

120%です!(しっかりウォームアップをしてからやってください)

多分、初めはバランスを崩したり、よろけたりして芯に当たらなかったり、曲がったりすると思いますが、気にしないで続けることが大切です。慣れてくればバランスを崩さずに振れるようになって、弾道も安定してきます。

そして、それを続けていると120%が普通のスイングになっていきます。
そうなって初めて飛距離が伸びるのです。10yや20yは飛ぶようになっていると思いますよ。

人間は「慣れる」いきものですから、誰でも必ず出来ます。

↓ここからが大事です↓

その上で、コースに出たときは、その80%の力でボールをコントロールしていきましょう。普段120%で振っていれば80%の力で軽く振っても、取り組む前のほぼ100%で振っていることになります。かなり飛ぶようになっているはずです。

ぜひお試しを。

当たらない!曲がる!と振ることを恐れていると、どんどん振れなくなって益々飛ばなくなりますよ。人間は「慣れる」いきものです。振らないことも、すぐに普通のことになってしまうのです。

 

この記事を書いた人

伍井 佳介

伍井 佳介

Cultivator/KEISUKE GOI
おそらく、日本で一番練習しないプロゴルファー。練習しないで上手くプレーする方法を日夜考えています。広告代理店、クラブメーカー、シャフト・グリップメーカーなど会社員暦30年余り、プロゴルファー暦27年、クラブフィッテイング暦22年のハイブリッドな人生を送っています。アマチュアゴルファーの方々に、ゴルフを少しでも長く・楽しくプレーして欲しい思いから「21.4世紀ゴルフ」を提案してます。

1956年東京・池袋生まれ 
立教大学 経済学部 卒
公益社団法人日本プロゴルフ協会 トーナメントプレーヤー会員