飛んで曲がらないフルショットスイング

21.4世紀ゴルフ㉖

今回からスイングについてお話ししていきます。
これまでのグリップ、手の使い方、アドレスについてご理解いただけましたでしょうか。
その前提で進めていきます。

前回までのお話を読んでいない方は、こちら から戻って読み進めてください。

フルショットの目的は、狙った目標に正確にボールを打つことです。しかも最大限の飛距離も必要とします。
従って、フルショットスイングは次の2つが必要です。
・クラブヘッドを正確に最大限のスピードで振ること。
・ミスしても、結果が大きなミスにならないこと。

その2つを同時に得やすい21.4世紀スイングの習得には2つの段階があります。

第1段階 右手を主にした手・腕を積極的に使うスイング
最終段階 右手を使う感覚のないスイング

今日は、第1段階のお話をします。
ポイントは以下の2つだけです。(現在のスイングのままのイメージでOKです)
①アドレスからインパクトまでのスイング中、アドレス時に体重をかけた足裏の位置から外さないイメージを強く持つこと

②右手で最大限、ボールを真横から強く叩くイメージを強く持つこと

①は、板の上などでスイングしてみたり、スイング中の体重のかかる場所を感じながらゆっくりスローモーションで素振りしてみると感じがつかめると思います。

体重配分は、左右5:5のイメージで。母子球に正しく乗りましょう。
カカトに重心が乗らないように頑張りましょう。

少しスイングが制限されて、物足りない感じがする方も多いかもしれませんが、意外に正確に思ったより飛距離が出ることを実感できると思います。

お試しを。

②については、詳しく次回お話しします。

この記事を書いた人

伍井 佳介

伍井 佳介

Cultivator/KEISUKE GOI
おそらく、日本で一番練習しないプロゴルファー。練習しないで上手くプレーする方法を日夜考えています。広告代理店、クラブメーカー、シャフト・グリップメーカーなど会社員暦30年余り、プロゴルファー暦27年、クラブフィッテイング暦22年のハイブリッドな人生を送っています。アマチュアゴルファーの方々に、ゴルフを少しでも長く・楽しくプレーして欲しい思いから「21.4世紀ゴルフ」を提案してます。

1956年東京・池袋生まれ 
立教大学 経済学部 卒
公益社団法人日本プロゴルフ協会 トーナメントプレーヤー会員