共存

受粉しなければ結実はしない。今年身をもって感じたことでした。

自分が努力すれば何でもできる、と勘違いしていました。畑を耕し、種をまき、肥やしを与え、水を撒く。そうすれば目的の収穫物が得られると勘違いしていました。人間の力はそれほど偉大ではありませんでした。小さな虫たちの意図しない活動を眺めつつ、こいつらに生かされている、ということを再認識しています。

白いひげ根から養分や水を吸い上げながら、葉で光合成して育っています。

自分には不快だから、という理由で抹殺していたものは、誰かの大切なモノかもしれません。生態系は繋がっています。畑を耕しながら野菜を作っていたはずなのですが、耕されたのは自分のほうでした。期待していなかった〝副産物〟にとても感謝しています。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー