砂の上の足跡

◯◯ファーストって言葉がよく聞かれるようになってから、なんだかギスギスした空気が感じられるようになった気がします。小さい頃は◯◯ファーストっていえば、レディファーストくらいしか知りませんでした。そしてファーストは、お先にどうぞ という意味なんだって思っていました。

自分よりも、他人を慮る気持ち = ファースト なんだろうと。

AMERICA FIRST ! AMERICA FIRST !  と AMERICAが言い出してから、ファーストするのは他人よりも自分になってしまいました。AMERICAだけじゃなく、CHINAも、KOREAも、JAPANも。きっと前から、本当は 自分ファースト だったんだろうなって思います。トランプさんは正直にそれを言っただけですね😅

SNSもそうですね。なんか匿名のTweetだと正直になれるんですかね? めちゃくちゃ攻撃的な言葉を他人に投げつけている人が多いように思います。

関係ないなら関わらなければいいと思いますが、今は関係ないほど苛烈に執拗に絡んでいきます。知らん人たちが目を三角にして、こてんぱんにしてやるぞ!って。怖いなぁと思います。

くさくさした、今日みたいな日は「砂時計」を眺めます。なにをしていたって砂は落ち続けている、時間には限りがあるんだってことを意識できるからです。とくに。すでに人生の折り返し点をすぎ、落ちて溜まった砂の方が多いのです。残りわずかな時間、どうしようかなって思います。終盤に何をするのかが大切です。

とにかく人に迷惑をかけずに終えたいなって思います。持っていけるものは何もなし。溜まった砂の上に足跡だけが残るのですから。

 

 

この記事を書いた人

アバター

CLUBER

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人