ほぐす

遊びの本質は自分の思考をほぐすところから始まる、アイアンヘッドを削りながらそう感じた。鉄の臭いも、やすりの手ごたえも、全て遊びのエッセンスでした。

ストレスも心の壁も自分が生んでいる。楽しみの上限値もおんなじで、妥協した遊びは妥協した喜びしか生み出せない。鉄は熱いうちに打てではないけれど、思い立ったが吉日的に理想の3鉄作りも始めた。機能も形状も専門家からみて鼻で笑うような失敗も、素人ならでは愉しめる遊びの醍醐味だと思う。つい最近始めた畑作りもその一環で、土付きの新鮮な野菜が食べたくて、五十の手習い的に始めてみた。本気で遊ぶとなんでも結構面白い。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー