「手打ち」スイングを見直す

21.4世紀ゴルフ(92) 

みなさんは、スイングで「手打ち」と言うと、どんなイメージをお持ちでしょうか?
多くの方は、「手打ち」だから飛ばない、当たらない、手を使うから曲がるなど、良くないスイングの代名詞の1つだと感じているのではないでしょうか?

今回は、この「手打ち」スイングについて21.4世紀ゴルフの提案をしたいと思います。

まず、手で打つことはそんなに良くないことなのでしょうか? クラブは手で握っていますけど・・・(笑)

少し考えてみると、次のような疑問がいくつもでてきますね。

・手を使わないでスイングするなら、バックスイングはどうやって上げるのか?(スイングはインパクトだけではないですからね)
・手でボールを打たないなら、どこで打つのか?
・ほかのスポーツでも、バットやラケットは手を使わずにボールを打っているのか?

「手打ちはダメ!」という考え方は、多くのアマチュアゴルファーに誤解を与えているように感じています。真意はそこにないと思います。

その真意は、手・腕を本当に使わないのではなく、使ってはいるけれどもその意識・感覚がないということではないでしょうか。

右手を使わずに飛ばせますか?

【ここからが具体的な提案】右打ちの方を対象にした表現です

まずは、右手で思い切り「手打ち」をしてみましょう。

これまでにも提案してきた通り、飛距離と方向性を兼ね備えたスイングを作るには2つの段階があります。

第1段階として、右手を使って、クラブヘッドでこれ以上は出来ないくらい強くボールを打つスイングです。 

→ 手と腕に関して、クラブヘッドを速く正確に振るために、その使い方を覚えることが最も重要です。
   
次の段階は、右手は思い切り使っているけれど、使っている感覚がないスイングです。

→クラブヘッドも手・腕も自分の力で振る感覚ではなく、勝手に振られる感覚です。これはかなり高いレベルになります。

初めから手を使う意識のないスイングを習得するのは、相当難易度が高いと言えます。だからこそ、思い切って「手打ち」をしてみてはいかがでしょうか。それだけで飛距離も大きく伸びると思いますよ。

お試しを。

蛇足ながら、ボールが曲がる・当たらない主な原因は、手・腕を使うことではありません。原因は他にあります。

 

この記事を書いた人

伍井 佳介

伍井 佳介

Cultivator/KEISUKE GOI
おそらく、日本で一番練習しないプロゴルファー。練習しないで上手くプレーする方法を日夜考えています。広告代理店、クラブメーカー、シャフト・グリップメーカー、プロゴルファー、クラブフィッテイングを経て、21.4世紀ゴルフ レッスンを開始。アマチュアゴルファーの方々に、ゴルフを少しでも長く・楽しくプレーして欲しい思いから「21.4世紀ゴルフ」を提案してます。

1956年東京・池袋生まれ 
立教大学 経済学部 卒
公益社団法人日本プロゴルフ協会 トーナメントプレーヤー会員