ひとつの考え

大怪我をしない道具は、ミスしたら飛ばなくなるモノである。

そういう道具でも飛ばそうと思えば、いくらかは飛ぶが、

そのぶん多少怪我をするリスクが大きくなる。飛ばすとはそういうこと。

枠の中に収められる「身の丈にあった距離」を知ることは大切。

それ以上を望む場合は、怪我もやむなし。

という考え。

 

この記事を書いた人

アバター

CLUBER

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人
記述は2018年現在