コントロールを愉しむ

番手を絞ると大きな番手で小さく打つことを自然に考える

ティーショットでは、“だいたい”の場所にポーンとボールを打っていく。

意外と。意外に。

思い切り振った時と同じような距離が出るものですね。

歯を食いしばって打っても、リターンは少ないかもしれません。

大きめの番手で小さく打つと、なんとなく全てがアプローチみたいな気がしました。

きっちり番手を選び、思い切り打ってショートしていた昨日。

大きめ番手を持ち、軽く打ったのにオーバー気味だった今日。

同じ距離でも、選ぶ番手次第で結果は逆になるんだなぁと思いました。

「飛ばさなければいけない」

そんなことはなかったのです。だいたいのショットは持つ番手次第でコントロールショットにできるのですから。ゴルフは飛びをコントロールするスポーツ。今更ですがそんな気が少し。

コントロールするには、たぶん「長さ」が重要。コントロールしやすい「長さ」の限界が人によってある。そんなふうに考えています。

 

この記事を書いた人

アバター

CLUBER

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人
記述は2018年現在