大暑を過ぎ

摘まれたブドウの蔓や実は時間をかけて地球に還る。美味しいと喜んでもらうために幹に生えたままの房を残し、一足先に土に還る。

暦の上では大暑を過ぎた。ここから秋に向かう日々になる。実りの秋になりますように、なんて希望的観測や祈りも悪くないけれど先ずは環境を整える努力が必要だ。大切な実りを甘く大きく育てるための作業は半端なく大変だけど、だからこそ叶うのだ。いい一年でした、そう思えるお正月を迎えられるように充実の秋の準備を怠らずしましょうね。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー