距離に拘り過ぎるべからず

ゴルファーにとって飛距離は永遠の憧れだとは思う。特にロングショットに自身のある人達は〇〇ヤードを〇〇オンさせた、なんて言葉を仲間に自慢することもあるだろう。だがしかし、とあえてここでは書いてみるがゴルフの醍醐味は距離だけに非ず。
面白さも難しさも短い方が増す可能性は高い。ハザードの配置を替えずとも難易度調整はできる。グリーンの傾斜の向きや変化の度合いでいかようにも出来る。グリーンが奥向きの傾斜だったらどうだろうか?横向きだったらどうだろうか?縦長?横長?斜め?そういうことを設計者は考えていると思う。長くしたから、届かないだろうから、ロングショットでグリーンを狙うだろうから、受けグリーンで止まりやすくしてあげよう、そういう単調な妥協が長いホールには多くなる。個人的には長すぎるホールより〝ちょっと短め〟のホールが好きである。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー