ディボットは根の塊だ。

芝生の根の塊であるディボット、言い換えればRootの塊であるRootsがディボットだ。根があって初めて緑の葉が生える。芝生の上で球が打てる恩恵は何に支えられているのか考える時間がゴルファーにもあっていいかもね。

これだけ地面を掘るのは大変だったと思う。ボールの手前なのか先なのかわからないけれど、相当ボールの下をクラブが通過した物的証拠が放置されていた。本人的にもミスショットだったはず。苦笑いしたのか天をみあげたのかクラブを叩きつけたのかは知る由もない。
高麗芝や野芝のディボットは元に戻しても通常管理では生き返ることはない。だから埋め戻して欲しいとは思わないけれど、こいつの手前に掘られた大きなディボットホールに目砂くらいして欲しいな、と思う。この芝生の根の塊を削り取り、自分の球の行方しか気にしないゴルファーにはホームに足を踏み入れて欲しくない、残念ながらそう思う。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー