For myself

ディボットにはまったことがある人ならば、その残念な気持ちを理解できるかな。その気持ちを思い出せば、自分が作ったディボットをどうしたらいいか、くらい普通はわかるんじゃないかな。飛び散った芝生を片付けようよ、とまでは言わないけれど目土くらいはしたほうがいい。自分が嫌なことは、他の誰かも嫌だとわかるよね。

最初は誰かのためにしたはずなのに、気が付けば自分の気持ちがスッキリするのは何故だろう? 心軽やかになったあとのショットは不思議と調子が上がったりするものだ。まるでトイレの神様みたいな話だけれど、嘘じゃないから試してごらん。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー