歩くこと。

自分の足で歩く、自分の頭で考える、そういうゴルフの愉しみもあるだろう。気分転換の散歩としても悪くない。何かを否定するわけじゃない、あくまでも趣味の問題だ。

平均年齢をかんがえると乗用カートはあって然るべきなのかもしれない。プロの試合でもグランドゴールドでは乗る方もいる。そういうゴルフもあっていい。体力勝負でない頭脳ゲームでもあるし、ボールを打って遊ぶゲームだから、歩かなくても悪くない。
ただ私はできるだけ歩きたい。英国式と米国式、あくまでも好みの問題である。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー