勿体

昨年末からコレでしかボールを転がしていない。いちばん確率がいいのだ

たくさんのパターを買ったり、使ったりしてきたけど、ラウンドに持って出るのは1本だけ。その他は自宅待機。一時期は100本近く待機していただろうか。

今はせいぜい20本くらいのもの。ラウンドで使うのは3本、4本だろうか。

これまでのパターの購入本数を考えると、なんとなくもったいない感じがしてくる。

もったいない(勿体無い)

もったいとは物体のこと。物体とは確かにそこにあるもの。本質的なもののこと。

つまり勿体無いとは「本質的じゃない」「真実ではない」ということである。「本当はそうじゃないのに〜」という言葉を表した言葉。だから、勿体ないお言葉でございますなどと、謙遜するときにも使われるのだ。

何百本もパターを買ったけれど、そのことでわかったこと、経験値として残ったこともたくさんある。物体は手元には残っていないけれど、それらから得た確かなものは残っている。だからこれまでのコトは、けっして勿体なくはなかった😅

この先、そうした経験があるのに、また風潮に流されて同じような「散財」を繰り返してしまうことが、まさに“勿体無い”というべきことなのだと思う。

この記事を書いた人

アバター

CLUBER

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人
記述は2018年現在