紐を抜きながら。

一年いっしょに歩いた靴の紐をぬき掃除する。普段は手の届かないところまで分解して掃除する。いつ付いたのかわからない傷も、自分の癖でついた皺も、なんとなく愛おしい。また来年もいっしょに歩けるように、なんて思いながら紐を通すのもオフタイムのお楽しみ。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー