一息つくと見えるもの。

自己ベストを更新するために練習を積み、道具を選び、体調を整えてゴルフに挑む。こういう方も多いのかと思います。ストロークプレー中心でゴルフを習い研鑽し、なかには競技にいそしむ方もいるでしょう。悪くはありません。ただそれだけ、ではあまりにも勿体ないような気がしています。

一緒にゴルフを楽しんでいるはずの友達の笑顔は見ましたか? ボールの行方を一緒に追いかけましたか?
スコアカードやGPSナビと睨めっこばかりしていませんか? 途中からゲームを投げ出していませんか?
何かに夢中になりすぎてストレスを感じていませんか?

ゴルフをしている間は意識して深呼吸してみて欲しい。そうすると見える景色が変わるはず。
広がる空は普段のそれよりもずっと広いはず。そしてもう一度深呼吸して欲しい。
空気がうまいはず。見失ったものがみえるかも。

 

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー