お先にどうぞ

とかく煽りたがる世の中ですね。でも、時代に 取り残される、と焦る必要はないですね。新しいモノ・コトは必要なぶんだけ 取り入れればいい と最近思います。変わらなくたっていいコト、モノはたくさんあります。なにしろ進化といわれるほとんどのことは、変わらないで過ごすための手段だったりするからです。

何をしたくて、そのために何が必要か。焦らずに 考える時間 を愉しみたいですね。

煽られたら先に行ってもらいます。あるいは、「後続が来ない道」を行くのも楽しそうです。拓いていく。そういうことを愉しみたいです。

この記事を書いた人

アバター

CLUBER

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人