命の種

大きい方が稚内のアザミ、小さい方はアザミに似ているがゴボウ。枯れたように見えるが全てに命の種が含まれている。

春からあちこちで拾ってきたものを放置観察している。はじまりは稚内に生えていたアザミ。手袋をも突き破った頑丈なトゲを気に入って持ち帰った。旅先でなんとなく気になるものを拾ってを繰り返していたら、なんと古びた生姜から芽が吹いた。そのうち枯れるだろうか、と思っていたら葉を広げ、いまだ伸び続けてる。秋なのに。

冬が来る前に、根が下せるように土に埋めてあげようと思う。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー