一打を競うステージだから。

夜明け前の美しいコースの景色もスタッフの努力もメディアで露出されることはない。ちょっと感動的な聖域かもしれないとこの頃思う。

ミスショットしか入らないはずのバンカーでさえ徹底的に仕上げる、それがメンテナンススタッフの誇りでもある。雨が降ろうとも、落ち葉が吹き溜まろうとも、可能な限りフェアであり美しく仕上げるために夜明け前から整備は始まっている。
通常営業の機械均しに加え、丁寧に掃目をつけながら竹ぼうきで擦る。足跡が残らないように静かに歩く作業は楽でない。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー