横から失礼します

軽快で水にも強い新シューズ

アディダスゴルフは、ニットアッパー素材でありながらツアーレベルの安定性でスイングを支えるゴルフシューズTOUR360 XT PRIMEKNIT(ツアー360 エックスティー プライムニット)」を発表。

高い撥水性能を備え、悪天候に強さを発揮するアディダス独自のニット素材“プライムニット”をアッパー素材に採用。軽量で通気性があるだけでなく、フォージド加工など独自の技術を応用することで、ツアーパフォーマンスシューズとしてプレイヤーを足元から支える強さも持ち合わせている。

TOUR360 XT PRIMEKNIT」は、アディダス公式オンラインストアでも販売。

 

さて、さて!

 

アディダスが今、多くのスポーツジャンルでイチ押し中の“プライムニット”のシューズですが、耕す。編集部でも早速このシューズの試し履きをしてみましたので、そのご報告を。

このTOUR360 XT PRIMEKNITですが、ご覧のとおりシューズの足入れ部分がとても薄く、キュッと締まっているように見えます。実際、ニット系初心者の編集部員は普通のシューズの感覚で足入れをしようと思いましたが、最初の2秒で「これは無理。足が入らんもん」と泣きそうになりました。それくらい、キュッと締まっているんです。無理に履こうとするとカカト潰しそうだし……。室内なのに玉の汗をかいてしまいました😅

普通に履こうとすると、「カカトまで入らん」と思います

縦がダメなら、横にしろ。

実はこうしたニット系シューズ。履き方にちょっとした工夫が必要なようです。すでに履きなれているアディダススタッフの足入れの模様を簡単にレポートしてみます。

開口部を両手で持ち
ビヨーン!っと伸ばし!
シューズを横向きのままエントリー!ここがポイント!
あとは足入れとともにシューズの向きを回転させていけば、スポっと履けます
紐を結んで完成!

なんでも慣れですねぇ。きちんと履けると 360°ラップ&プライムニット の密着感と追随性の凄さがとてもよくわかりました。

脱ぐときこそラク。

最初、ちょっと戸惑ってしまう足入れ部の「薄さ」ですが、その伸縮性は驚異的で脱ぐときは紐を緩めなくてもそのままカカトから抜けばOKでした。

靴紐を緩めることなく、スポッと脱げる!

個人的にはオーセンティックなレザーのゴルフシューズが好きなのですが、ゴルフ場の雰囲気やウエアによってこうした新感覚のシューズに挑戦するのもアリだなぁと思いました。

とりあえず、お店で足入れしてみてください。

上の通りにやれば、安心です😅 ホントです。

 

この記事を書いた人

アバター

耕す。編集部

カルチャー創造サイト「耕す。」の編集担当です。お知らせやインフォメーション記事を担当します。