the I.

昨晩、レイトショウで新海誠監督の「天気の子」を観た。

エンディングで流れた、

「愛にできることはまだあるかい」という歌詞が結構耳に残ってる。

個人的には、晴れ女とか雨男とかは普段から ? と思ってる。

自然は人のことなんてお構いなしだろう、と。

降ってきた雨を止めるチカラなんて「人」にはない。

 

 

 

でも、そんな異常気象の原因に、

自然に対して「無力な僕ら」が関わっているのは確実。

自然の暴走を止めるチカラはないけれど、

自然を暴走させるチカラはきっとあるんだろうなと。

映画では、冒頭から雨が降っていた。

エンディングでも雨は降り続けていた。

「いろいろ」あったけど、大枠では何も変わってなかった。

ああなる前に日々の暮らしの中で、

私にできることは何かしらあるだろうなと思った。

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

CLUBER

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人
記述は2018年現在