わかるかわる

このパターでやっていこう。

そんなふうに決めてから、ほぼまいにちボールを転がしている。

当てる場所、ボールの位置、握る長さなど。

同じクラブでもまったく別な結果になる。

 

これまで。

うまくいかなければ、他のパターに替える。

そして打ち比べる。

そうやって何十年も来たけれど、それは「比較試打」なんだよね。

それがあって今があるわけだけど。

 

 

パターを1本に決めて、打点や長さやボール位置を比較している今は、

なんか「練習」をしているような気がしている。

道具を決めれば、わかることがある。変わることがある。

いちばんいいのは、打っていて飽きないこと。

これからが本番だ。

 

 

この記事を書いた人

アバター

CLUBER

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人