静かでいられる方法

花が終わり新緑が鮮やかな季節

歩くことを日常にして3年が経ちました。自宅から事務所までの行き帰りも、当初こそ大仕事のような感じがしてましたが、今となっては体力的にもメンタル的にもダメージとなるようなことはなく。当たり前のこととして、まさに日常の一部となってしまいました。

新たな生活様式

そんな言葉がトピックスに上がっていますね。働き方改革、新たなる暮らし方。今まで通りにはいかない。そういう機運なのでしょう。

新たな働き方、暮らし方を模索する時にその基盤となるのは個々の思考ですね。誰かが提案することを待っていても、この先、立ち行かないのは明白です。待って、誰かのせいにしていればいい時代はとうに終わっている。そんなふうに思います。

これまで車で通っていた道のりを歩く。そんなことすら誰かに決められたコトであったなら、3日も続かないと想像します。一歩進むごとに怒りや不満が溜まっていくと思います。

自分で決めたコトだから続けられるし、慣れてしまえば、それが大したことではないと気づくことができるのです。今、街には歩いている人、走っている人がたくさんいます。ほとんどの人は、歩くために歩き、走るために走っているのだと思います。片道2時間弱かけて仕事場に向かって歩いている。そういう人はほとんどいないでしょう😅

歩いていける範囲。慣れてしまうと大きく広がります。一度歩いていった場所は、もう一度行けば必ず半分の距離のごとく感じられ、もっと遠くまで歩いていけるのだと気づくことができます。

車で行けばいい。それはもちろんそうです。天気の悪い日、体調がおかしい日。時間がない日。車で行けばいいのです。でも、自分の歩ける範囲を知っておくことはとても大事だと思います。それを知っていれば、車がなくても、電車が止まっても、騒ぐことなく家に向かって歩いていくことができるからです。

それがなくてはどうにもならない。そういうモノやコトはいったいなんなのか。あったほうがいいけど、なくてもなんとかなるモノやコトはなんなのか。一切なくても大丈夫なモノやコトはなんなのか。

そういうモノ・コトをふるいにかけるにはいいタイミングなのかもしれません。

江戸川。東京側より市川を望む

家から歩いて江戸川を越えるなんて、最初は考えもしませんでしたが、今は普通に行って帰ってきます。家から東京は、この3年で歩いていける範囲になりました。都内で被災し電車が不通になっても、粛々と歩いて帰ってこれると思います。

想像できていれば、想定していれば、経験していれば。騒がずに済む。そんな感じがします。

この記事を書いた人

アバター

CLUBER

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人
記述は2018年現在