沈黙の春

目的部位だけ搾取して枯らされた株は一生懸命生きていた。いま見頃の菜花畑から種油が採取されることはない。無駄の多い人間都合の活動過多はサスティナブルな思想でない。

故意か否かは別として、今の騒動は人間の起こした不始末だと考えている。地球上で自らの快楽と欲望のために他を無視する生物は人間しかいない。焼畑でも耕作でも狩猟でも養殖でも結構だけれども、程々を考えることが必要だ。単一生命体のコロニーが肥大化すると異常をきたすのはどの生命体でもおんなじだ。化学物質のコントロールは完全でなく耐性生命体を生むことは既知の事実である。人類が一掃されないうちに多少の〝雑〟とあいまみれ自然のバランスを保つのも大切だと思う。

 

 

 

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー