信念の人を偲ぶ。

これは 2016年2月21日 に個人のFACE BOOKに記した文章です。

【路地裏の信念】
打ち合わせからの帰り道、
久しぶりにダイギンゴルフに行きました。

オヤジさんが私のことを覚えているはずもないですが、なんか一人で奮闘されてる姿を拝見し、涙出そうになりました。

相変わらず、カーステン愛に満ち満ちておられます。

 

「日本人は損をしている。合っているクラブなら長いこと使えるのに、次々と新しいクラブを使うでしょ。もったいないことやと思います」

 

おそらく、10回は聞いたオヤジさんの嘆きですが、いつ聞いても、頭をガツンとやられた気がします。

 

「EYE2のアプサイドダウンをお持ちなら、それをずっとお使いになればいい。あれ以上のアイアンはないんです。ヘッドは同じ。年齢によって、シャフトを変えるんです。もっと歳をとったらカーボンになさればいい。ただ、柔らかいんはダメです。気温によってカーボンは柔らかくなりますから。夏になったら柔らかくなって、トゥダウンしますよ。だから、硬さはS以上。これだけは言っておきます」

 

オヤジさんのお話は、時間とともに熱を帯び、気がつけば1時間あまり、お話ししました。

本当は、少しだけ寄って、ゴルフフェアに行こうと思っていましたが、今日はオヤジさんの熱をそのまま持って帰りたいと思います。

 

普通の中古ショップなら数千円のクラブが、ここでは数万円で売られています。

価格とは、売れる値段なのではない。売る者がどれだけ商品価値を認めているのか、モノを信じているのか、をはかる数字なのだ思いました。

 

「今は高いと思うでしょ。でも長く使えばどうですか? どんどん安くなるんですよ。ゴルフクラブは家電と違う。一生使える道具なんです」

 

御徒町の路地裏で。
信念の人が、暮らしています。

…………

ダイギンゴルフのオヤジさん、河村次郎さんはホームページによりますと、2018年の10月に残念ながら他界されたそうです(享年93歳)。カーステン・ソルハイムに惚れ、PINGを愛した。こんな一途なゴルフ屋さんはもう二度と現れないと思います。素晴らしい思い出をありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。

河村次郎さんと。2016年2月21日ダイギンゴルフ東京店にて

オヤジさんの言葉をSNSではない場所に残しておきたくて、ここに転載いたしました(2019年2月21日)

この記事を書いた人

アバター

cluber

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人