ハーフセットから学ぶもの。

許される範囲でハーフセットのゴルフを楽しんでいる。場合によっては担いでまわる。これが実に軽快でいい。厳密に考えれば数ストローク損をしているのかもしれないけれど、それを補うほどの楽しさがある。短く持つ、開く、など工夫して球種をこしらえるのも球打ちの楽しみの一つだと思う。便利な世の中になり過ぎたのか、不便を楽しむのも悪くない、とこの頃思う。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー