計測できないもの

21.4世紀ゴルフ㊹
最近ゴルファーは、プロ、アマチュア問わず様々な計測データ数値や動画を見ながらスイング作りをしているように思います。科学の進歩によって、次々に新しいことが解明されていくことは素晴らしいことですが、このところ気になっているのは、データ重視になり過ぎてきているような感じがすることです。

スイングの感覚、距離の感覚などの身体が感じる「感覚」を計測することは出来ないわけです。また、感じ方は人それぞれ違うのでなおさらです。

ゴルファーは機械ではありませんから、スイングもコースでのプレーも結局最後は自分の感覚が頼りになってきます。そこで大事なのは「感覚」を測るのではなく、自分なりに「感覚」を養うことになります。

今回は、その方法について紹介してみたいと思います。

《練習場では》

「こんな感じ?」をいろいろ試し、それぞれの結果がどうなるのかに興味を持ってください。結果が思ったものと違う場合は、さらにこっちの感じだとどう? この感覚なら? と結果に近づく自分の感覚を見つけていくようにしましょう。

・40ヤードのアプローチショットを打つには、どのくらいのスイングの感覚で打てばいいのか。やってみる。
・パットはどのくらいの「強さ」で打つとどのくらい転がるのか。

こうすれば、こうなるのか!ということをつかんでいくことが、練習であり、感覚を養うということになります。

感覚を身につけるには、まず状況(風や傾斜、ライなど)を把握することが先決。

《コースでは》

・風はどの方向からどのくらいの強さで吹いているのかを「感じる」。
・このくらいの強さの向かい風だと、ボールはどのくらい飛ばなくなるのか。フォローの風ではどうか。風を感じているからそれが「感覚」として残ります。
・グリーンまでどのくらい上がっているのか、下がっているのか。平坦な時よりボールはどのくらい距離が出るのか、落ちるのか。それもライの状況、高低差などを最初に感じているからこそ「感覚的」に理解できるのです。          

大切なのは、その時が上手くいかなくても「感覚」として経験が蓄積されていくことが大事なのです。失敗があるからこそ、次の予測精度は上がっていきます。

この程度のラフをこのクラブで打ったら、どれくらいの抵抗があるか。素振りなどでも経験できるが、実際の打球がどうなるかを知ることが大切

もともと自分自身がもっている感覚「こんな感じ」を大切にして、スイング作りやプレーをしてみると意外に早く上達できると思いますよ。

お試しを。

この記事を書いた人

伍井 佳介

伍井 佳介

Cultivator/KEISUKE GOI
おそらく、日本で一番練習しないプロゴルファー。練習しないで上手くプレーする方法を日夜考えています。広告代理店、クラブメーカー、シャフト・グリップメーカーなど会社員暦30年余り、プロゴルファー暦27年、クラブフィッテイング暦22年のハイブリッドな人生を送っています。アマチュアゴルファーの方々に、ゴルフを少しでも長く・楽しくプレーして欲しい思いから「21.4世紀ゴルフ」を提案してます。

1956年東京・池袋生まれ 
立教大学 経済学部 卒
公益社団法人日本プロゴルフ協会 トーナメントプレーヤー会員