レダンに教わったこと。

 

コースが狭い、アップダウンがきつい、トリッキーから始まり芝がああだこうだ、と言いだせばきりがない。事実そう感じたのかもしれないけれど、口にしないことをお勧めしたい。どんなコースでも誰かのお気に入りのホームコースなのだから。

 

あんまり好きじゃない、と思っていたはずなのに通えば好きになることがある。あばたもえくぼ、ではないけれど、ひょっとしたらそれがコースが教えてくれた新しい楽しみ方かもしれないし、ひとつ成長した証かもしれない。美人だけが一番ではないのだ。

 

誰が見ても一目惚れするような美しいコースが素晴らしいという人もいる。ただそうでないコースにも、実は素晴らしいコースが沢山あって、ゴルフの奥深さを教えてくれるのだ。世界で一番コピーされたノースベリックのオリジナルレダンから、そんなことを教わった。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー