目立たぬ持ち物。

最近はカジノチップ大の大きなマーカーも増えましたね。でも、カップ近くでは小さい押しピンタイプが欠かせません。

ボールマーク大小。やさしさを持ち歩く。

自分のボールマークが同伴者のライン上にあるなぁと思ったら、「どちらにズラしますか?」と聞くのが礼儀ですね。そしてカップに近づくほど、なるべく小さいボールマークに変える。これもずっと昔から続いてきたゴルフの作法です。どこかに明示されているわけではないですが、こうした細やかな気遣いが口づてに残っている。そういう感じがゴルフっぽくて私は好きです。

ラインから外れていれば何も問題ないのかもしれませんが、大きなマーカーだと目障りかなぁとか、一緒に回っている人たちの「視界」にまで気を配る。そのために小さいマーカーも持っておこうと勝手に思う。そういうイメージ、感覚を持っていることが「粋」だよなぁと思うのです。

ボールマーク、目立つのもいいですね。でも、目立たないのも持っていたいと思います。

さぁ、明日はどんなマーカーを持っていくべぇか。ラウンドをイメージしながら手荷物を揃えるのも、ゴルフの愉しさですね。

ちなみにでっかいマーカーはC社のやつです。たぶんレアなやつ。

この記事を書いた人

アバター

cluber

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人