好きな季節が始まった

手入れのされていない森の奥にこの美しい大木は生えていた。人の手の届かない場所にあるものだから美しいのかも、そんなことを感じた森散策でした。

いつの頃からか思い出せないけれど、少し肌寒いこの季節が一番好きな季節になっている。朝露が霜になる少しまえ、日本中がとてもカラフルになる。世界一植生の種類が多い日本だから、ひょっとしたら彩の多様性も世界一かも知れない、ふとそんなことを考えながら落葉の甘い香りを愉しんだ。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー