ラフだもの。

ライが悪い、ベアグランドだ、木の根がね。いろんな言い訳をしたくなるのも分からなくないけれど、だってそこはラフだもの。木が生えれば根が浮くこともあるでしょう。日陰には芝が生えないこともあるでしょう。

陽のあたる場所にいいライがある、そこに打てばいいじゃない。だってそこがフェアウェイだもの。
リカバリーショットはゴルフの醍醐味だけれども、そればかりじゃ疲れるでしょう。飛ばすばっかりがグッドショットじゃないでしょう?
狙った場所に球を置きに行く、そういうゴルフも悪くないかもしれないよ。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー