Thinking time

それぞれの視座でじっくり考える。何世紀もゴルフが続いた国のそれは堅実であり、華美でない。大切なものが何なのか、よく知っているのだと思う。

普段よりは考える時間があると思う。何が大切で何がそうでないか、何が必要で何が不必要か、いまなら分相応に考えられると思う。いつでもそうだけど苦境に立ちあらためて感じることがある。知っていたはずなのに忘れたふりをしていたこと、忙しさにかまけて粗末にしていたこと、誰しもきっとあると思う。艱難汝を玉にす、だと思う。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー