一足の美学。

最後のひと転がりが勝負を左右する。その重要さをどれだけのプレーヤーが認識しているだろうか。ピンを抜くとか抜かないとか、どっちが入るとかの議論に熱中するのも悪くないだろうけれど、カップインしたボールをとりあげるとき貴方のつま先はどこにあるかを思い出してごらん。カップの淵に気を取られているうちに随分近くを踏みしめていないだろうか?
オーガスタナショナルで選ばれしものたちがプレーし始めているが、彼らの振舞いにも注目して欲しい。偉大な勝者はそのあたりにもインテリジェンスが表れているように思う。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー