過不足なく

TIGER WOODSが心底惚れ込んでいる、ブリヂストンスポーツのTOUR B XSボール。写真はそのNew Prototype

過日、記事用のボール撮影をした。それらしい構図を考えて何気なくティアップした。

でも、なんとなくしっくり来ないような気がした。

それは「彼」自身のボールに対するこだわりが、ティアップしたショット以外にあったからだ。

ショートゲーム。

フィーリング、音、タッチ、スピンコントロール。低く打つ、曲げて狙う。

「それらが変わってしまうのなら、ボールを変える必要はない」

もっと、もっととは願うだろうが、変わってしまうことの怖さも知っているのだろう。

道具を変えることが目的ではない。結果を作るのは自分自身だ。

きっと、多くのことを道具にしてもらおうとは思っていないのだ。

邪魔をしない道具、それが欲しいんだ。

ニューボールは「ショートゲームのフィールが変わらずに、飛距離が伸びる」という。

 

 

この記事を書いた人

アバター

CLUBER

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人