かっこいい爺さんがいるぞ

ショートティよりさらに短い。ハンドメイドのぬくもりがある。

総武の北コースにぶらりと行った。2週連続です。

今日はいつもの小物一式を忘れてしまい、ティーイングエリアをうろちょろしてティペグを拾って使うことにしました。

そこで見つけたのが、写真の短い白いティ。

これ、折れた長いティを自分で削ってショートティとして活用してるんです。なんかこういうのかっこいいなぁと思いました。

エコ意識とかそういうことももちろんあるんですけど、なんか大人の人が自室にこもって、小刀を片手にこういう加工をやっている姿を想像すると、なんか、かっこいいって思うんです。

これやってたら、だれでも、かっこいい爺さんです。

そういえば、八和田さんがこういうことやってるって「耕す。」に書いてたな。そういえば、一週間前、ここに八和田さんと来たな、と思いつつ。

想像したお爺さんの姿は、もう少しワイルドでシルバーグレイな感じでございました。

マネしてみようと思います😅

 

 

 

 

この記事を書いた人

アバター

CLUBER

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人
記述は2018年現在