ゴルフ場はいいよね。

球を打たなくてもじゅうぶんにゴルフ。

今年、2018年の冬の終わり、長野のゴルフ場に出かけました。

まだまだ一面、雪の世界。それを狙って。

スノーシューを借りてフェアウェイをてくてくと歩きました。

どうぶつの小さな足跡もてくてくと、いや、てんてんと。フェアウェイを横切っていました。

冬は空が広いんだってことも、林の中で気づいたことです。ボールがないと上しか見ないのです。

しぜん、遠くの稜線へと目線が上がります。まっすぐ向いて。てくてくと歩く。それだけでもじゅうぶんにゴルフでした。

ゴルフ場は自然を静かに感じられる、とてもぜいたくな空間ですね。日常にない、豊かな時間が過ごせる場所。だから自分はゴルフが好きなんだと、改めて思いました。

冬。飛ばないし、いいスコア出ないなら、歩きにゴルフ場に行くのもいいですね。たまにボールを打ちながら、てくてくと。きっとたくさんの鳥の声が聴こえてきますよ。

 

長野国際カントリークラブにて想う)

 

 

この記事を書いた人

アバター

CLUBER

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人