躾。

この頃上位に定着している選手の練習の痕。たぶん一番コンパクトにまとまっている。

プロにできるだけいい状態で提供する、そのことを目的として整備される天然芝のドライビングレンジ。ロープの中でさえあれば何処でどう打つかは規定されてはいない。かなり自由度の高いスペースだから何にも問題はないけれど、使い方には性格が出る。自由に使っていいのだけれど、無秩序に広範囲のディボットを残す方が上位にいるのだろうか? なんてことが気になるこの頃です。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー