ですよね

望むものが与えられるとは限らない。たとえそれが唯一の欲求だとしても。

望むものをあげられるとも思わない。それが自分ができるたった一つのことだとしても。

慎ましく。淡々と。「ですよね」と思いながら暮らしていく。

シニアの入り口にて。そう思う。

この記事を書いた人

アバター

CLUBER

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人
記述は2018年現在