啓蟄を過ぎ

このツクシは今日の日を楽しみにすることも義務に感じることもなく、ただあるがままの自然を受け入れてきた結果がここにある、自然の法則に倣うことは案外あるものだ。

フキノトウは大きく育ち葉を広げ、ツクシもすくすく育つ頃になりました。山の木々も水を揚げはじめ枝先が色付き始めています。人間以外の生物は自らのスベキことに専念し摂理を保っています。知恵があるはずの人間は何をしているのでしょうか。今すべきこと、今できることに専念したら、そう自然にささやかれているように感じます。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー