リバーシビリティを大切にする

割れをとめたり虫食いをなおしたりして大切な一本は修復されてきた。打っているうちにソコが芯になる、そう教えてくれた先輩の言葉の意味を反芻しながらゴルフのことを考える。

壊れたら捨てる、壊れるまえに捨てる、そういう時代に今更感のつよいパーシモンの補修をする。バイオリンがそうであるように、パーシモンヘッドにもニカワを使うのは再修理のことを配慮しているからだ。好きだから、というのが最初の理由だけど、歴史を大切にしたいという背景もある。誰かが大切にしてきたものを引き継ぎ、次世代に伝えることは大切な役目だとも思う。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー