風と戯れろ  

昭和3年に3ホールから始まった銭函コースは現在の8~9ホール辺り。歴史探索も面白いかもしれない。

石狩湾から吹く風がいい感じになってきた。秋が始まるころ、銭函の風は強さを増しながらゴルフの季節がやってきたことを教えてくれる。冷えた空気が芝の成長を遅らせライを整える、乾燥した地面の硬さがスパイクの裏から伝わってくる、ちょっとゾクッとするコンディションになる。この季節にゴルフをしないなんて考えられない。

No wind, No golf.

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー