あぜ道で道草を

目的に向かって一生懸命ばかりだと疲れてしまう。正直競うってのは学校の運動会と受験でもうコリゴリになっていて、アスリートチックなことは滅多にしない。プロセスを愉しむといえば都合のいい言訳に聞こえるかもしれないけれど、あぜ道のわきに美しいものが見つかることがある。
ゴルフコースにも実はそんなところが沢山あって、たまには脇を眺めたり、振り返ったりしてみて欲しい。バーディーよりも記憶に残る、美しいものが見つかるかも知れないよ。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー